採用情報

現在、募集は行っておりません。
質問形式で、気になることをきいてみました。
  • 【営業編】
    東出 貴志
    2017年1月入社
    営業(銀行対応・仕入)
  • 入社のきっかけを教えてください。
    前職で金融機関の立場から不動産に携わっており、興味を持ちました。専門的な知識やスキルを身に付け、不動産と上手に付き合っていくことができれば、自分自身の人生にも大きなプラスになると思い入社しました。
  • 現在の仕事内容について
    教えてください。
    取引銀行への対応のほか、当社が保有する賃貸物件の担当として、不動産管理会社さまのご協力のもと入居率アップに努めています。さらに不動産の仕入業務の一部も担当しており、土地や戸建、アパート等の査定や現地調査、仕入業務も行っています。
  • 仕事の魅力ややりがいについて
    教えてください。
    売主さまや買主さまをはじめ、仲介業者や不動産管理会社、取引金融機関、司法書士や土地家屋調査士、建築士など、業務を通してさまざまな分野の方とコミュニケーションしながら仕事を進めていくプロセスはとても楽しいものです。また、お客様にとって大切な「住まい」を決めることは人生の大きな決断です。そんな大切な瞬間に関わらせていただき、お客様のより良い人生のためにお役に立てる仕事に大きなやりがいを感じています。
  • お客さまと接する上で
    心がけていることを教えてください。
    不動産は大きな買い物ですから、お客さまは不動産会社や物件に対してさまざまな不安を抱いているものです。お客さまに安心していただけるよう、なるべく丁寧でわかりやすい説明を心がけています。物件のメリットはもちろんデメリットも正直にお伝えし、納得してご購入いただけるよう努めています。
  • フジコーポレーションに入社して
    よかったことを教えてください。
    当社は大きな会社ではありませんが、だからこそ社長から直接仕事を教わる機会が多く、風通しの良い雰囲気があります。中途採用でも積極的にチャレンジすればどんどん新しい仕事を任せてもらえるので、高いモチベーションを保つことができます。また、土日祝祭日の休みに加えてGWやお盆、年末年始に長期休暇も確保できるのでプライベートも充実。趣味や健康のための習い事は月謝の一部を会社が負担してくれるなど、福利厚生も充実しています。
  • 今後の目標を教えてください。
    不動産売買や賃貸経営、建物、金融、税務など、不動産に関する知識と経験を積み、お客さまにご満足いただけるサービスを提供していきたいと思います。そして自身でも、不動産賃貸の経営にチャレンジしてみたいと思っています。
  • 【事務編】
    岩永 千裕
    2013年2月入社
    事務
  • 入社のきっかけを教えてください。
    これまで不動産業界に関わったことがなく、未知の分野で新しい知識や経験を積むことができると思い、入社しました。
  • 現在の仕事内容について
    教えてください。
    当社が保有する物件の広告管理のほか、物件の購入および売却時に必要な書類の準備、契約書および重要事項説明書の作成など、物件売買に必要な書類の準備を行っています。また、取引企業さまやお客さまとのご縁をつなぐ年賀状や暑中見舞の作成、全社員が使用する社内IT機器の管理なども行っています。
  • 仕事の魅力ややりがいについて
    教えてください。
    不動産売買の手続きには、さまざまな書類を用意する必要があります。これらの煩雑な作業を一手に引き受けることで、仲介業者や社員の皆さんのスムーズな業務進行をお手伝いできることにやりがいを感じます。事務としてお客さまと直接接する機会はそう多くはありませんが、お問い合わせ物件の資料や情報をご提供した案件が契約に至ると、とてもうれしく思います。
  • 仕事をする上で心がけていることを
    教えてください。
    不動産売買は大きなお金が動く仕事です。準備に不備が無いよう、こまめな情報収集に努めるとともに、必要な場面で迅速に行動するよう心がけています。社内で聞こえてくる会話や電話のやりとりも大切な情報源。広告や契約決済に関わるキーワードをさりげなくチェックしています。
  • フジコーポレーションに入社して
    よかったことを教えてください。
    土日祝祭日の休みはもちろんGWやお盆、年末年始の休業期間にまとまった休みがあるので、プライベートも十分に楽しめます。また、社長と社員の距離が近く意思疎通を図りやすいので、自分の意見や考えをのびのびと言えるようになりました。
  • 今後の目標を教えてください。
    社員の皆さんがスムーズに仕事を進められるよう、自分の業務状況を日々振り返し、必要に応じて見直しも行いながら、業務の効率化や細やかなサポートに取り組んでいきたいです。